「北海道の食」が熱い注目を集めて長い年月が経過しました。広い北海道では、新たなアイディアを活かした「新たな食」が日々誕生しています。農業や漁業を基幹産業とするオホーツク地域でも、様々な取り組みが行われています。

しかし、食づくりに取り組む事業所の多くは家族などで営む小規模型であり、全国各地に大量に届けるほどの生産能力は持ち合わせていません。「自分が丹精込めて作った“ふるさと名物”を、広く知って欲しい」との想いを持った5社が集まり、この事業がスタートしました。 この5つの商材を多くの方々に見ていただき、また、味わっていただき、オホーツク素材の美味しさと地域の魅力をご堪能いただけたら幸いです。

ふるさと名物 ご紹介動画







別ページで動画を見る

パンフレットのご紹介

うまいるのパンフレットができました。
画像をクリックいただくと
PDF形式で表示されます。

パンフレットを一括で表示する場合は、
右のボタンをクリックして下さい。




海沿い特有の夏場が冷涼な気候、オホーツク海やサロマ湖から吹き付けるミネラル豊富な海風が育てたそば粉を100%使用した乾麺。
播種、収穫、乾燥を自社で行うほか、採種圃場も自社で管理しています。栄養分豊富な土壌で育ったことで、風味と甘味のあるコシの強いそばに仕上がっています。
地域資源:そば(オホーツク)
価格:480円(税込、200g)


「そば処はまほろ」での店頭販売のほか、各種イベント等での販売・卸売を行っており、各地にファンが広がっています。
また、関連商品として同じそばを使用した「蕎麦酢」も商品化しており、道内外に向けて多くの皆さんに堪能いただきたいです。



株式会社 はまほろ
 設 立/2008年1月
 資本金/915万円
 従業員数/15名
 代表者・担当者/代表取締役 楢林 克幸
 住所/093-0423 佐呂間町字浜佐呂間288-10
 電話/01587-6-2840
 FAX/01587-6-2840
 ホームページ/http://www.hamahoro.jp


後継者不足や耕作放棄地の拡大など、北海道の農業は深刻な問題を抱えています。
当社は、オホーツク海側に面した佐呂間町で、平成20年に14戸の農家が集まって設立し、農業のあらゆる課題解決に挑戦しています。
現在、550ha超の広大な農地で主に小麦、ビート、そばなどを生産するほか、飲食店「そば処はまほろ」も運営しています。


特徴:「レストランで提供しているハンバーグを、家庭でも食べて欲しい」とのコンセプトで開発されました。
牛肉・豚肉は北海道産を使用し、玉ねぎは留辺蘂産を使用しています。
オホーツク海の自然塩を入れ、丁寧に手ごねしています。
地域資源:玉ねぎ(北見市)
価格:980円(税込、2個入り)


「手ごねハンバーグ」を上に乗せた「ハンバーグドリア」は30年以上の看板メニューとして多くの皆さんに親しまれています。
この商品は、真空パックと冷凍保存で3ヶ月の賞味期限がある他、解凍後はフライパンで10分程度で焼き上がる手軽さが売りです。
また、ふっくらとした食感や、口に含んだ後に素材の味が広がる楽しみなど、食材にこだわりの強い消費者の嗜好を想定した内容になっています。



株式会社 エフゾーン
 設 立/1990年7月
 資本金/1000万円
 従業員数/15名
 代表者・担当者/代表取締役 古田 亜由美
 住所/091-0027 北見市留辺蘂町旭西214-8
 電話/0157-42-3267
 Fax/0157-42-3800
 ホームページ/http://ef-zone.com/home/


「山の水族館」でもお馴染みの北見市留辺蘂(るべしべ)町で、ファミリーレストラン「エフ」を営んでいます。
心のこもった手作り料理にこだわっているレストランです。
オホーツクの山の幸、海の幸の素材を活かした豊富なメニューの中にきっとお客様に納得のいただけるものがあると確信しております。
スタッフ一同皆様のご来店をお待ち申し上げております。


雄大なオホーツクの大地で育った春まき小麦「春よ恋」を100%使用した生ラーメンです。
添付のスープはホタテの煮汁を使用した津村製麺所だけの特製白湯スープです。
一度食べたらまた食べたくなる大好評のラーメンです。
オホーツクの新鮮な味を伝えたいという想いを込めて、麺とスープの両方でオホーツクの魅力を発信していきます。
地域資源:小麦(オホーツク)
価格:500円(税込、一袋2人前)


麺は1分半ゆでるだけ、スープは300ccの熱湯でとかすだけで手軽に美味しいラーメンが完成です!
キャベツ・玉ねぎ・もやしなどのたっぷり野菜にもよく合いますので、ぜひお試しください。



株式会社 ツムラ
 設 立/1949年4月
 資本金/2000万円
 従業員数/12名
 代表者/代表取締役 津村 健太
 担当者/取締役部長 津村 千恵
 住所/099-1587 北見市豊地26-26
 電話/0157-36-3181
 Fax/ 0157-36-4790
 ホームページ/http://tsumura-seimen.co.jp/


私たちは、北海道北見市で昭和24年から製麺業を営み、現在は四代目になります。四国出身の先代から伝わる伝統の技を守りながら、ひとときも欠かすことなく丁寧な製品づくりを大切にしてまいりました。これからもお客様の笑顔を思い浮かべながら、産地と作り手の顔が見える安全で美味しい製品づくりを続けてまいります。


かぼちゃの種を殻ごと粉にしたもの。ピーナッツのような香ばしさと、〝きなこ″に似た風味。
クッキーに混ぜたり、ドレッシングのアクセントにするなど楽しみ方は様々です。
地域資源:かぼちゃ(オホーツク)
価格:500円(税込、30g)


かぼちゃの種には、カロチン(ビタミンA)、ビタミンB1、B2、ナイアシン などの他に、ミネラル類・亜鉛、鉄分が豊富に含まれていることから、栄養補助食品として活用されている事例も多数ある他、種だけをおつまみにする食べ方もあります。
粉にして調味料として活用することで料理の栄養価を上げると共に、香ばしさを加える事でひと工夫付け加えることができるので、お食事の楽しみが広がります。



井 田 漁 業  「かぼるくんヒトつながり」
 代表者/代表 井田勝人
 担当者/生活担当理事 井田貴子
 住所/093-0532 佐呂間町字若里106-1
 電話/01587-2-2482
 FAX/01587-2-1370
 FacebookPage/かぼるくんヒトつながり


家は代々ホタテ漁師を営んでおりますが、漁業はあらゆる情勢に左右されやすい側面もあります。
「佐呂間町の地域資源を活用し、安定した新しい仕事を産み出したい」との想いから、東京農業大学オホーツク実学センターの地域創成塾で学び、南瓜種粉の製造に至りました。
これは、色々なお料理とのコラボで引き立つ商材ですので、たくさんの方々とつながりたいです。


オホーツク・斜里産の食材を多く活用した中華まん。アイヌの人々は秋サケを神の魚をカムイチェプ(神様からの贈り物)として食べていたことから、『知床チェプ饅』と命名。皮には斜里産小麦(こはる・きたほなみ)を使用し、細かく砕いたウトロ産秋サケと道内産野菜を使用した餡を入れて蒸したもの。
秋サケの風味とやわらかい食感が広がります。
地域資源:サケ(斜里町)、小麦(オホーツク)
価格:200円(税込、1個)


世界自然遺産の地域であり、北海道を代表する観光地でもある“知床”にこだわっている点で、国内外各地の北海道ファンに対してアピールできる逸品です。
また、中華まんという事で運搬しやすく、また冷凍保存も効くので、物産展等でも取り扱いやすい商材です。



有限会社 マルミヤ大宮商店
 設 立/1986年4月
 資本金/300万円
 代表者・担当者/藤田 裕司
 住所/099-4354 斜里町ウトロ西187-12
 電話/0152-24-2288
 FAX/0152-24-2
 ホームページ/http://ezogashima.com/


2005年に世界自然遺産にも登録された北海道・知床半島の「ウトロ」で、ウニやカニなどの海産物の卸・小売の他、新鮮な魚介類を使ったお食事もご堪能いただけます。
知床は豊かな自然に囲まれて壮大な風景が広がり、貴重な動植物も多数生息しています。
「食と観光」のセットで、知床の魅力を存分に体感していただきたいです。

うまいるオホーツク~ふるさと名物応援事業~ の公式Facebookページです。

オホーツクふるさと名物応援事業
http://umile-okhotsk.com/
Since 2015-10

【お問合せ先】
一般社団法人 北海道中小企業家同友会オホーツク支部
住所:〒090-0015 北海道北見市公園町1-2
電話:0157-23-4110
FAX:0157-23-4130
e-mail:okhotsk@hokkaido.doyu.jp

【参加企業情報】
株式会社 はまほろ http://www.hamahoro.jp/
株式会社 エフゾーン http://ef-zone.com/home/
株式会社 ツムラ http://tsumura-seimen.co.jp/
井 田 漁 業 かぼるくんヒトつながり
有限会社マルミヤ大宮商店 http://www.ezogashima.com/

bootstrap creator by Mobirise 1.6